なるべく自然な形で|続ければ効果が現れる血糖値を下げる方法!

続ければ効果が現れる血糖値を下げる方法!

なるべく自然な形で

妊婦

苦しい時に無理は禁物です

妊婦になると、普段便秘で苦しんだことのない人でも便秘に悩まされることがあります。おなかの赤ちゃんや大きくなる子宮が腸を圧迫しますので、便意はあっても排便が難しくなることもあり大変です。また、女性ホルモンの影響で、腸自体の動きも鈍くなり、妊娠期全般を通じて便秘が起きやすくなる状況です。産婦人科医は、つらいときには効果の緩い下剤を処方することが多いようです。無理に排便をすると、切れ痔やいぼ痔といったトラブルが起こることもあります。妊婦の時に、お腹に腹圧をかけすぎると、おなかの赤ちゃんにとっても良い影響とはいえないので、排便してない状況が苦しくなって来たら、無理せずに産婦人科医に便秘薬の処方をお願いするように便秘解消をしましょう。

自然なお通じを促す

妊婦でもなるべく薬という方法を使わず、便秘解消をしたいものですよね。便秘解消の方法として、朝起きたらすぐに冷たい水を飲むことがあげられます。冷たい水の刺激で腸が動き出し、便意を感じる仕組みです。また、そのあとトイレに座る習慣をつけるとさらに良いでしょう。妊娠中は運動不足になりがちの妊婦が多いので、便秘には簡単なストレッチで便秘を治すことができます。特にヨガのポーズは体に負担を掛けずに運動不足解消と腸の動きの改善を促します。また、食事内容を変えることでも便秘を解消することが可能です。ヨーグルトやオリゴ糖、食物繊維の多い食品を意識して摂取することで自然なお通じが期待できます。いずれも日々の生活に簡単に取り入れやすい便秘解消方法です。